退職願提出後の行動を押さえておこう

退職願と正しい行動

 転職をするならば、退職願を提出する必要があります。退職願は提出すればすぐに退職できるものでもないので、提出後の行動も押さえておきましょう。そこで、退職願とその際の行動について紹介します。

就業規則を確認する

 まず最初に行うべきことは、就業規則を確認することです。就業規則の中には退職に関する規則も記載されているので、その通りに行動を起こしましょう。例えば退職願を出すタイミングは、重要なポイントです。退職する何日前までに提出すればよいのか、そのタイミングは調べておきましょう。もちろん、退職願を出してから実際に退職するまではその会社で働く必要があります。

仮に就業規則が確認できない場合

 ほとんどありませんが、仮に就業規則がない場合でもある程度日数を開けて退職をしましょう。退職をする際に大切なことは、自分の仕事を引き継がせることです。自分が退職をしても仕事が回っていく準備が必要なので、その期間としておきましょう。

退職願を出してからも仕事には熱心に

 退職願を出せば、退職が全て終わるわけではありません。実際に退職するまでの間、どのように働き続けるかを考える必要があるので、今の仕事場に遺恨を残さずに転職を進めましょう。

web analytics