転職活動を始めるタイミングはいつが良いか?

転職をする基準について

 仕事を続けていると、ふと「転職した方が良いかな」という気持ちになる瞬間を、多くの人が経験することと思います。理由の中には、仕事自体に飽きてしまった、仕事がきつくて自分には合わない、人間関係がストレスになってしまう、など様々な要素があります。しかしながら、転職を留まる気持ちも同時に生まれてくるのは確かです。「ここでガマンをしなかったら、将来的なキャリア形成ができない」というような理由で、転職をやめる人もいます。そのため、転職をするためのライン(基準)があれば、非常に転職活動を始めるきっかけが掴みやすいとも言えるのです。

仕事の幅が「狭い」と感じたときがチャンス

 転職をする一つの基準として、自分の実力がこれ以上伸びないと感じたときが挙げられます。これは、自分がこの仕事に合わないというだけではなく、仕事の中身が自分の実力の範囲内で収まってしまうときもそうです。つまりは、自分のキャリアを押し上げてくれるような仕事の幅が、会社の中に存在しないと感じられた瞬間に、転職を考えると良いでしょう。実力が積みあがらない環境で、仕事を続けていても、将来的な転職の際に困りますから、自分の仕事のキャリアを高めるためには、こうした仕事の内容で判断すると良いでしょう。

web analytics