転職にはアグレッシブさが重要

面接で気になった点はどんどん聞く

 若かった学生時代は社会経験も少なく、会社の即戦力になれない負い目もあるので、ある程度条件が合う就職先ならどこか決まって欲しいという部分があると思います。しかし社会人となってからの転職は現在の職場がありそこから寄り条件、環境の良い職場へステップアップ出来なければする意味がありません。面接時は相手からの質問に答えるだけでなく、パンフレットやホームページなどで解らなかった事、気になる点は積極的に質問していく事が重要です。遠慮して転職後こんなはずじゃなかったという後悔はしないようにしましょう。

仕事内容、金銭面の待遇も大切

 自分が転職後どんな仕事内容で働くのか、休暇、福利厚生について、更に給料、賞与など金銭面の聞きにくい部分についても、これから先も生活していかないといけない以上遠慮していてはいけません。ぶしつけな質問ですが、などと前置きした上でおおよその年収と昇給についての制度について聞いておく必要があります。せっかく目標を持って転職という大きな行動に移ったのですから、自分にメリットがたくさんある転職だったと思えるように自分が会社を選ぶんだというぐらいのアグレッシブさを持って臨みたいものです。

web analytics